片山名人と村田会員が鵜来島に行きました。

釣人 片山 村田   場所 鵜来島 丸サゲ高場 
渡船 家中渡船(片島最速パピヨン 46ノット)  船頭 家中 一人(いえなか かずひと)

今回は、現場の打ち上げ釣行で尾長グレをターゲットに鵜来島へ行ってまいりました!
当初四人の予定でしたが都合が合わず二人に。。。

どうしようかと思いましたが、
村田さんが、初磯釣り(バスや堤防はしてます)と言うことで無茶苦茶楽しみにしていたので強行しました!
a0302525_18542124.jpg
こんな凄いところだぞー↓ 初心者は上がる気がしない程の碆ですよ。

a0302525_20380857.jpg
↓ は全景ですが、こんなゆったりした磯には思えません。
近づくと、圧倒されて心臓が飛び出そうになります。上の写真の迫力が本物です。コメント青木
a0302525_20220406.jpg
村田さん、最初は足が震えて 心も腕もすくんで釣りにならなかったことでしょう。↓ 感想 青木

a0302525_17261932.jpg
渡磯後、撒き餌したら!!! グレらしき姿がうじゃうじゃ!!!
三メートルくらいのネコザメも二匹!!!( ̄▽ ̄;)
少し怖かったですが、テンション上がりまくりです(⌒‐⌒)

そして仕掛けを投入! しかしなかなか釣れず。。
あちこち探っいると、ウキが引き込まれる場所発見!そこから快進撃!
a0302525_18580410.jpg
口太40㌢をかわきりに、二時間程で
a0302525_18565977.jpg

片山:  口太40 38 40  尾長47 口太40  ムロアジ30三匹   尾長は記録更新!(^-^)v
村田 : 口太25㌢ 大物バラシ2回でした。

村田さんは、リールのクラッシュが相次ぎ一時間以上時間ロス。
地合を逃してしまいました。。

昼過ぎになると天気が一転!風が強くなり雨とウネリが。。
少し早かったですが一時過ぎに納竿!
村田さんも磯を楽しめたみたいで良かったです!
また行きましょ!

今回も船頭さん、関係者の方々、大自然の恵みに感謝感謝です!
またよろしくお願いします!m(__)m

釣った魚は村田家、いとうにて料理→藤田さん、松ちゃん、いとうのお母さん、バイトの大学生
一釣にて料理→結婚祝いの若い夫婦と片山と、片山の同僚、戸塚さん、澤村のおばちゃんにて美味しく頂きました!
a0302525_19381295.jpg
a0302525_19404145.jpg
だれがこんなすごい料理つくったの? 教えて!!
 画像編集:青木でした。




# by UmibenoHachimitsu | 2017-12-03 19:41 | 高知初心者釣りクラブ「悠楽釣」釣果 | Comments(0)

三重県の愛峰家の方にお届けする蜂郡です。


三重県の愛峰家の方にお届けする蜂郡です。
2017年12月9日にお渡しする予定のです。

この時期に(12月)私の蜂では元気な郡が見つかりました。
取引時期時点で、元気な蜂郡を探してお渡ししています。

元気な蜂を順番にお渡ししていますが、申し込みが早い人が、
必ず良い蜂郡とは限りません。運もあります。

a0302525_16262183.jpg
a0302525_16275584.jpg
a0302525_16290082.jpg



# by UmibenoHachimitsu | 2017-12-03 16:49 | 箱入り日本蜜蜂や蜂蜜、ロウの販売在庫 | Comments(0)

ご自由に写真を利用してください。シール作り方も、お問い合わせください。

a0302525_16222977.jpg
a0302525_16224660.jpg
a0302525_16210820.jpg
a0302525_16205381.jpg
a0302525_12201535.jpg
a0302525_12143853.jpg
a0302525_12201535.jpg

a0302525_08343858.jpg
a0302525_08451872.jpg
a0302525_08454850.jpg
a0302525_08435595.jpg
a0302525_08444545.jpg


# by UmibenoHachimitsu | 2017-11-24 08:50 | 景勝地を瓶シールにしています。 | Comments(0)

私が待ち箱に蝋を塗っている方法です。

2014年12月 青木
わたしの蜜蝋の塗り方についてまとめてみました。

1 はじめに おことわり
蜂に関することは、すべてと言ってよいほど例外があります。わたしの知識では、とても全ての
例外まで表現できません。今でも毎年たくさんの例外に遭遇している状況です。

 この例外に遭遇し、失敗を重ねるたびに、進級しているように思います。
それを楽しめるようになればいいですが、なかなかね・・・・・・ つい落ち込んでしまいます。

2 塗り時期と蝋の効能期間
 例外では8月に分蜂もあります。10月に何箱も入箱したこともあります。4月に入箱した蜂が6月に分蜂したこともあります。と言った具合で以下 以後は、あまり大切でない例外は省略して説明してみます。多すぎて書き表わせません。

高知県ではおおむね3月中旬から5月いっぱい頃までが分蜂時期です。
  (箱の設置は他人に場所を取られないようにと1月頃から始まります。私の箱は年中設置可能な場所に設置しています。)
 わたしは3月中旬~下旬までに蝋塗りを終わらす目標にしています。もちろん私が設置している所でも
5月に分蜂が始まる所もあり、その場所は時期を遅らします。

 蜂友で3月初めの分蜂群が取りたいと言って、2月末から3月初めに塗る人も居ますが、わたしの考えは違います。一番分蜂が取れなくても 年間を通じて多く取れれば良いこと、早過ぎると蜂よりも先に虫などのじゃま物が入ることや、蝋の効能が落ちて、2回目の塗り時期が早くなり忙しいこと、などを考慮して、この時期にしています。箱が少ない人は2回目塗りもしやすいから、少し早く塗っても良いかもね。
a0302525_19012922.jpg

 蝋の香り効能は二週間程度と考えています。根拠はありませんが、わたしの先生がそう言って
いたことと、香りが失われていくと考えれば、激戦区では他人の箱に負けないようにするためにと
思い、がんばって早く上塗りしているころです。 (1回塗りで10月に入箱したこともあります。)
自分だけの待ち箱しかない場所では、年一回塗りにしています。
 2回目の上塗り足しする場合は、重要な注意点があります。
 偵察蜂が来ていることがあります。偵察蜂は最初は1~2匹で調べて、最終的には50匹くらいで来ます。そんな時、箱の外部に蜂が見える場合は絶対に近寄らないことです。 箱の中に入って調べていることもあるので、急に箱をひっくり返したりしないことです。


3 これから、我が家の庭で蝋塗りした写真で説明してみます。
 
前年から使っている箱は、巣粕をスクレパーで取り除き、クモの糸なども丁寧に取り除いたあとで、
残り物をバーナーで焼きます。蝋は少し残してもいいが、バーナーで溶かすとき焦がさないようにします。
 これで準備完了です。

a0302525_18325927.jpg

古巣を残した方が良いと言う人がいます。理由は巣を作る時間が省略できて、その分 採蜜量が多くなると教えられました。
 
納得してそんなこともしましたが、結果は、すぐに巣虫にやられました。巣虫が古巣に卵を生み付けていたと考えています。その後は絶対にしません。みつばちをだます様でかわいそうでたまりません。
 
蜜蜂が自分で巣を造ることは本来の自然な行いで、わたしの経験ではそんなに時間もかかってないように思います。蝋は完全には取らなくてもバーナーで焼けば巣虫の卵も焼けるだろうと考えています。"

4 準備するものは
a0302525_18354831.jpg
手さげ鍋 → 自宅で塗る場合に便利 鉄鍋は錆が出るのでアルミかステンレスが良い
わたしは資源ごみに捨てる物を貰ってきました。

ヤカン →  水がこぼれにくいので、山をカケズリ回るのに良い
他は手さげ鍋に同じ

保温筒 → 鍋とヤカンに合わせて作っています。1回沸かせて何箱も塗るには、保温材
が有ると、蝋が固まりにくいので便利です。

蜜蝋 → 蜜の香りがある方が良いと思います。 香りがない場合は少量の蜜を水に入れる。
最近では、販売できない2番蜜や3番蜜を利用しています。格段に確率が良い
ように思っています。

水道水 → 適量 水量は経験すればすぐ分かります。
塗る蝋の量は、1箱に20~30gで良いと思います。わたしの初年度は蝋が少なかったので3g程度しか塗れなかったです。その頃は5箱に1箱くらい入っていましたが、最近では2箱に1箱 今年は3箱に2箱くらいの確率で入りました。もう少し多くしても良さそうですね。


ハケ → 100均で買ったハケです。


5 鍋で蝋を溶かします。
鍋に水を1/3ぐらい入れて、蝋も入れてガスを点火します。蝋は後入れでもいいです。
水の量は好みでいいです。多ければこぼれ易いが冷めにくい。少ないと冷めやすい。
蝋は水の表面に浮くので、水と蝋の比率は関係ないです。全部ハケにくっつくからです。

蝋を入れたところです。↓
ハケで混ぜながら蝋を溶かしています。 ↓ これくらい溶ければもう塗れます。↓
a0302525_18365468.jpg

6 天井は1/3程度(面積率のこと以下同)を塗ります。
薄くてもいい(以下同)ですからサット塗ります
四隅は幅広に 縦に2回引き塗りします。 ↓
側壁は1/5程度を塗ります。 入り口のある面の側壁は少し多めに塗ります。↓

a0302525_18382529.jpg
入り口は内外共に丁寧に塗ります。  写真を撮り忘れましたが、床板にも少し塗ります。
a0302525_18392145.jpg
左手に持っているのは、蝋なべを入れて待ち箱に場所移動するときに使う保温筒です。 ↓
a0302525_18395533.jpg
以上の塗る時間はサッサと 1分程度で十分です。

蝋の保存は、直射日光を避け常温で保存してください。

"蜂友の大失敗について
 蜂友Tさんは、箱の外側や内側に蜂蜜をベタベタ塗っていましたが、虫や蟻などに襲われたり、板に染み込んだ蜜が翌年に腐って、分蜂群を入れても全て逃げられ大失敗してしまいました。人の何倍も採ろうと思わず、人より少し多めにと思うことが大切です。私の方法でも激戦区で負けません。"

"当店の専務(私の妻さん)からのアドバイス
蝋塗りも大切ですが、他にも
①蝋の出来具合 ②塗り方・塗るタイミング ③待ち箱の置き場所 ④箱の出来具合や箱材の匂いや古木の作り方、それらを教えてあげないと、と言いますが、微妙なことが多すぎて、また わたしの国語力と作文力ではとても表現できません。(番号は私が大切にしている順、重要度ランクと考えています。)
 
 もし四国に来る機会がありましたら、高知にきていただければ、よく入る箱の置き場所などもほとんど ご案内いたします。" 当店の専務さんです。↓ 待ってますよ。
a0302525_18471830.jpg







# by UmibenoHachimitsu | 2017-10-28 18:53 | 待箱への蝋の塗り方 | Comments(0)

しんじょう君のシールができました。

しんじょう君のシールが8枚できました。
a0302525_06505653.jpg


# by UmibenoHachimitsu | 2017-10-18 06:58 | 景勝地を瓶シールにしています。

2017年岡山の4人が、2回目の採蜜実習に来てくださいました。

ダンボール箱に詰めたハチミツ瓶です。岡山県3人のオーナー様分 2017年2回目

d0355261_17260675.jpg
今城山で福岡の佐藤オーナー様の箱をカットしているところです。↓ 今城8番です。
作業しているのは、岡山の4人組み のうち2人です。↓

皆さん上手になりましたので、私はカメラマンと道具配達人でした。
このオーナーさん達は、蜜よりも実技とノウハウを学びたいとのことで入会された方達です。

d0355261_17271878.jpg
となりで作業している2人。10mぐらいの距離です。↓ 今城7番です。
私はこの置き場には10箱置いて9箱入居しました。他に蜂友さんが2人据えていて、各1郡入りました。
d0355261_17275147.jpg
天板を外したあと、重箱を1段カットしているところです。
d0355261_17281345.jpg
天板の蝋を落としているところです。
天板は、この後バーナーで炙り、巣虫を殺して再使用します。
d0355261_17282923.jpg

佐藤オーナー様の巣を重箱からバケツに落としたところです。↓
d0355261_17284396.jpg

こちらの組が少し早く作業が終わりました。↓ 開始から約15分です。
d0355261_17285987.jpg

d0355261_17292867.jpg
両チーム無事終了 帰るところです。↓ ↑
d0355261_17295097.jpg
これはネイル西4番の箱を採蜜しているところです。↓
わたしの箱を追加採蜜してもらいました。
箱を据えている場所は、擁壁フェンスの内側です。
d0355261_17300903.jpg

d0355261_17305061.jpg
カットした箱を最下部に継箱しているところだと思います。↓ ↑
12時30分を過ぎたので、お腹がすきました。

この後、弁当買って別荘に帰り、用意していたお刺身で昼ご飯
d0355261_17311492.jpg
この置き場は山本オーナー様の箱のあった所です。↓
換気用の床網をひっくり返しているところですが、

床網の下にも巣を伸ばしていましたよ。そんなに元気な蜂がどうしていなくなったのか?わからない。↓
青亀ハッチの郡も元気だったのに 残念だ~
d0355261_17313694.jpg
巣箱の内部はこのようになっていました。↓
差し棒の角度もよく、巣虫も少なかったですよ。女王蜂の寿命かな~?

この箱は山本オーナー様が使ってくださるそうで、整備して草野便で広島に送りました。
d0355261_17315487.jpg



# by UmibenoHachimitsu | 2017-10-16 14:49 | みつばち学校の・見学・研修生 | Comments(0)

70群目までの蜂郡が入りました。

70群目 : 平成29年9月15日 入居確認した蜂群です 。場所 場所 分岐上樫です。↓ 
岡山迫原さんに売ったあとの箱に入りました。
a0302525_07421773.jpg
a0302525_07420203.jpg



69群目 : 平成29年9月13日 入居確認した蜂群です 。場所 場所 壮士1番です。↓ 

a0302525_07435850.jpg
a0302525_07433484.jpg

68群目 : 平成29年9月12日 入居確認した蜂群です 。場所 場所 一級下1番です。
小群のため写真省略 




# by UmibenoHachimitsu | 2017-09-16 07:47 | 平成29年度分蜂郡の入箱状況 | Comments(0)

67群目までの蜂郡が入りました。


67群目 : 平成29年9月7日 入居確認した蜂群です 。場所 場所 今城3番です。↓ 
      うっとうしい キイロスズメバチと戦っているところです。

      蜂が多く見えていますが、キイロスズメバチと戦っているときは、こんなに多くでてきます。
      この時期の分蜂だから、小群だと思います。
a0302525_07072039.jpg
a0302525_07072979.jpg
66群目 : 平成29年9月7日 入居確認した蜂群です 。場所 場所 今城1番です。↓
     小群ですが、がんばってキイロスズメバチと戦っています。
a0302525_07065729.jpg
a0302525_07070910.jpg
65群目 : 平成29年9月6日 入居確認した蜂群です 。場所 事務所1番です。写真省略
小郡ですが、9月13日 砂糖水を置いてきました。
a0302525_08003950.jpg


# by UmibenoHachimitsu | 2017-09-08 07:13 | 平成29年度分蜂郡の入箱状況 | Comments(0)

ただいま、オーナー様の募集を休止しています。オーナー希望者は予約として申し込みできます。

ただいま、オーナー様が多くなりましたので募集を休止しています。
オーナー希望者は予約(順番待ち)として申し込み受付しています。
  2017、10月 現在 予約(順番待ち)は 愛知県から1人です。
予約申し込みの方は、空席が出来ましたら当方から、連絡させていただきます。


# by UmibenoHachimitsu | 2017-08-23 13:44 | みつばちオーナー募集(日本蜜蜂) | Comments(0)

2017年10月30日 小売販売用の蜂蜜の在庫あります。

2017年10月30日 小売販売用の蜂蜜の在庫あります。
携帯電話にSMSメールください。注文受付できます。 TEL090-8694-6561
 支払い方法:注文いただいた瓶入りハチミツの荷物に 郵便振込み用紙を入れておきますので、
       郵便局で振込みいただけます。振込み料は当方負担のため無料
       送料も無料 代引手数料も無料です。  

2017年8月22日より はちみつも 蝋も 大量の予約がありましたので、新規の小売販売は休止します
ただし、リピーターさんは携帯電話で注文お願いします。



# by UmibenoHachimitsu | 2017-08-23 13:30 | 箱入り日本蜜蜂や蜂蜜、ロウの販売在庫 | Comments(0)
line

高知県土佐清水市 と その周辺で 日本みつばちを飼育し、日本みつばちが集めた百花蜜を販売しています。日本みつばちの飼い方や採蜜のしかたなどレクチュアーもします。


by UmibenoHachimitsu
line